ミカルディスとはテルミサルタンを主成分とした高血圧症治療に用いる医薬品です。高血圧症改善のためにとても有効な医薬品ですが、副作用も存在します。ミカルディスを服用する上での注意点をご紹介します。

血圧を測定される男性
  • ホーム
  • 高血圧に効くメインテートの効果効能について

高血圧に効くメインテートの効果効能について

メインテートは不整脈のほか狭心症や高血圧症の治療に効果を発揮する医薬品で心臓の拍動を活発にしたり、血圧を上昇させる交感神経のβ1受容体を遮断することで心拍数が上がるのを防ぎ血圧の上昇を抑えます。
全身の器官の働きに指令を伝える自律神経において興奮や緊張、活発な活動を促す交感神経から分泌されるノルアドレナリンがβ1受容体に到達するのをブロックすることで効果を発揮することから、メインテートのような種類の薬はベータブロッカーとも呼ばれています。

メインテートは選択性β1遮断剤と呼ばれる種類の薬で、主成分はビソプロロールフマル酸塩という物質です。
本能性高血圧症や狭心症の治療で約70パーセント以上、心室性期外収縮の場合50パーセント以上の人に効果がみられたという報告があります。
頻脈性心房細動にも有効性が確認されたと言われます。
血液中のメインテートの濃度が最も高くなるのは服用後約3時間後で、約9時間後には薬の濃度が半分になるとされますが効果効能そのものは約24時間持続するよう配合されており、服用は1日1回で済みます。

選択性β1遮断剤であるメインテートは気管支への副作用を抑えて心臓に特化した作用をもたらすことが可能となっています。
β受容体にはβ1受容体やβ2受容体があり、心臓にあるのがβ1受容体、気管支のほうはβ2受容体です。
ベータブロッカーとしての薬効がβ2受容体にまで働いてそちらまでブロックしてしまうと気管支に副作用が出てしまいます。
メインテートのビソプロロールフマル酸塩はβ1受容体のほうにだけ選択的に作用することで副作用を抑えながら心臓への効果効能をあらわします。

心臓に選択的に作用して気管支や代謝機能への副作用が少ないメインテートですが、ビソプロロールフマル酸塩の薬剤は飲み始めにめまいや倦怠感が生じるとも言われ、ぜんそく発作の誘発にも注意が必要とされます。
心臓への副作用では徐脈が起きることがあり、息苦しさを感じたり脈の低下が起きた場合も速やかに医師に相談することが重要です。
副作用に注意しながらメインテートを服用することで高血圧の影響で起こりやすくなる動脈硬化を防ぎ、脳梗塞や心筋梗塞などの発症リスクを下げることが期待できます。