ミカルディスとはテルミサルタンを主成分とした高血圧症治療に用いる医薬品です。高血圧症改善のためにとても有効な医薬品ですが、副作用も存在します。ミカルディスを服用する上での注意点をご紹介します。

血圧を測定される男性

ミカルディスと納豆

血圧を測定される人

ミカルディスはお薬を飲むことで、高い血圧を下げる作用を働かせることができます。
高血圧の人が血圧硬化剤を飲む時には、食べ合わせの栄養素や飲み合わせも、気をつける必要があることもあります。
医薬品と同時に摂取することで、あまりよくない組み合わせとして度々名前が挙がるのは、グレープフルーツです。

天然グレープフルーツのジュースは、ジューシーで健康的な印象ですが、医薬品との飲み合わせでは向いていません。
グレープフルーツには独特の苦味がありますが、これがフラノクマリンの成分であり、体内で肝臓での医薬品成分の分解を、妨害してしまうためです。
グレープフルーツの成分がありますので、医薬品を服用したとしても、効果は十分に発揮できないばかりか、副作用を招くことにもなります。
血圧を下げる医薬品の場合は、医薬品の効果を無駄に高めることになります。
それは血圧を下げすぎるので、標準値以上の下がってしまうことが考えられます。
血圧は下がりすぎますと、生命にも関わりますので、危険なことです。

一緒に飲まないのを意識しても、グレープフルーツの成分は、数日は残ることになります。
血圧降下剤を始め、医薬品を飲む時には、控えたほうがいいでしょう。
また、高血圧の症状で多いとされるのが片頭痛ですが、ミカルディスのような薬で血圧を無理に下げてしまうと体に影響が出る場合があります。
その場合は他の治療薬で片頭痛を治す必要があります。
症状に応じて薬の使い分けが重要になります。
納豆は栄養バランスにも優れている為に、日本でも毎日食べるとよい、という認識があるほどです。
血圧降下剤を、血栓予防する為に飲むのであれば、納豆はたくさん食べないほうがいいです。
納豆にたくさん含まれている、ビタミンの栄養が作用して、血栓を予防する効果がそれだけ、薄くなってしまうためです。
ただ勘違いをしやすいのは、大豆がいけないというわけではなく、納豆菌を含む食材が危険を持っているということになります。

人気記事一覧