ミカルディスとはテルミサルタンを主成分とした高血圧症治療に用いる医薬品です。高血圧症改善のためにとても有効な医薬品ですが、副作用も存在します。ミカルディスを服用する上での注意点をご紹介します。

血圧を測定される男性
  • ホーム
  • ミカルディスと低血糖と軽度について

ミカルディスと低血糖と軽度について

ミカルディスのお薬を飲むのは、基本的に成人は1日に1回です。
高血圧の症状によっても、あとは年齢によっても、ミカルディスのお薬を飲む量というのは増減することがあります。

軽度の貧血だと思っていたら、実は低血糖であることも考えられます。
それはとても身近なことが原因になっていて、食生活や食事の食べ方、過剰な糖質の摂取などが引き金となって引き起こります。

低血糖症になりやすい体質としては、貧血体質の人は陥りやすい症状です。
腸粘膜細胞が貧血によって酸素不足になりやすいので、食事の栄養の消化や吸収を邪魔してしまいます。
血糖値が下がるのが貧血気味の人なので、エネルギーが足りなくなって、常に披露感に苛まれますし、何事に対しても集中力が続かなくなります。

貧血症の人の場合は、いつもの食事の中で、鉄分を多く摂るようにすることです。
鉄分といいますと、すぐに思い浮かびますのは、お肉のレバーが代表格となっていますが、女子はレバーが苦手という人もいます。
レバーだけが鉄分を含む食材ではないので、ほかの食材を使って調理をすることができます。

鉄分の多い肉類としましては、牛赤身肉や鶏ハツなどもあります。
豊富なのは魚介類で、ひじきにイワシにしじみ、干し海老に鮎にキハダマグロ、乾燥海苔などもあります。
野菜や果物類では、モロヘイヤに切干大根にパセリ、小松菜や干しぶどうにそら豆なども豊富です。
野菜や魚類に、大豆食品のも多いので、食事メニューに取り入れやすくなります。

鉄分を補給するために効率よく吸収がされるようにタンパク質とビタミンCも欠かせないです。
そしてレモンや柑橘類に含まれている、クエン酸を鉄分と一緒にとるようにしましょう。